ヒナギク様と借金執事のDIARY

スキー&スノーボード2004-2005

最近疑問に思ったこと

最近よく「自己中心的」とゆう言葉を耳にする。 自分勝手で周りと行動を合わせない人のことをこうゆうのだろう。  

しかし、この「自己中心的」とゆうのは非常にあいまいな言葉であると思う。 

たとえば、あるところに A B C の三人がいたとする。 3人でスポーツをしようと言った時に、AとBはバスケットが Cはサッカーがしたいといった。  AとBがどんなに説得しようとも Cはサッカーがしたいといった。 ついにはAとBはCに対して「自己中心的だぞ」といった。 

さて、ここが問題である。 確かにAとBから見ればCは「自己中心的」である。 
しかし、Cの視点からみれば、自分に合わせてくれないAとBは「自己中心的」の集まりである。 
今回はたまたまAとBの意見が一致しただけで、一致しなければ AはBを BはAを「自己中心的」といったであろう。 

このように、 「自己中心的」とゆうのはあくまで1人の視点からみた場の状況である。  

この場合は 3人で多数決を取った場合にバスケットに2人ってしまったので、民主的にみればバスケットをするのが普通である。  

しかし、「多数決」とゆうのは非常に恐ろしいものである。 「人数が多いほうがみんなのためになる」とゆうのが一般的な考えだが、少しいいかたを変えれば「どんな手を使っても人数を集めた人間の勝ち」といってるものである。 世にゆう賄賂がはびこるのはこのためである。 
また、どんなに「みんなのため」とはいっても必ず犠牲者は生まれる。 

この世から犠牲者をなくすことは限りなく無理であろう。 しかし、犠牲者がいる限り人はあらそいまた人を殺すのである。
[PR]
by hunakosi | 2006-06-04 05:15 | 未分類
<< ゼノンのパラドックスの二分法に... 最近の学校の状況 >>



2006アニメソングBEST30 開催中です!! ぜひ投票してみてください。
by hunakosi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
リンク
以前の記事
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
ontario airp..
from ontario airport
private school
from private school
nokia polyph..
from nokia polyphon..
holiday barg..
from holiday bargains
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism