ヒナギク様と借金執事のDIARY

スキー&スノーボード2004-2005

<   2006年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

todayの家庭科の授業で習ったこと

最近、書くことが日記ではなくなってきたので今日は初心にcome back!! 

今日は学校で6限の授業で家庭科をしました。 内容は「高齢者について」です。 
まあ、一般的な内容ですね~ 65歳から高齢者 65~74までが前期高齢者 74~が後期高齢者 なんてことを習ったわけで、授業中に先生が「65歳の時の自分を想像して、ノートにまとめてください」 と言われましあいますた。 

皆さんはどうかきます?  

一般的には「目が悪くなる」 「腰が曲がる」 「階段がのぼりにくくなる」 「認知症になる」 などのことを書くのではないでしょうか。 but 私の考えは違います。  

皆さん 中学校の時に最先端技術の一貫として「再生医療」 「遺伝子治療」 などその他もろもろを習ったのではないかとおもいます。 私の考えは「最先端の医療技術が進歩すれば、私たちが高齢者の時にはすべて・・とはいいませんが、大体のことは解決できるのではないかと思います。 あと、役半世紀もあるのですから。  

歯がなくなったら再生すればいい アルツハイマー病などは遺伝子レベルで解決可能 
筋力が落ちればロボットスーツを装着すればよい などの会話が簡単になされる世界になっている可能性は十分にあります。(あくまで年金問題が解決していればの話ですがね。 解決されなければいずれすべての高齢者は極度の金欠になるのでは・・・) 

今日は先生が持ってきてくださった、「高齢者体験ゴーグル」なるものをつけてみました。 
感想をいいますと「砂漠にいるみたいに見える」な感じですよ。 茶色身がかかってみえますからね。(実際はもっとすごいのだろうが、私は砂漠にいったことがない) いまのままの技術でしたら「見えにくい」と答えますが技術が進歩すれば今の状態と同じ用に見えるのではないでしょうか?(テロメアをいじっちゃえばw) 

まあ、日記とゆうより私の意見みたいなものになりましたね(まともな日記をかくと愚痴ばっかになるorz・・・) 意見くださいなw
[PR]
by hunakosi | 2006-06-06 22:55 | 日記

ゼノンのパラドックスの二分法に対する私の考え

なんか最近日記ではなくなっていますが、まあ良いとしましょうw(まて、良いはずがない 

皆さんは「ゼノンのパラドックスの二分法」とゆうのを知ってますか? 
Wikipediaから引用したものによると「地点Aから地点B0へ移動するためには、まずAからの距離がAB0間の距離の半分の地点B1に到達しなければならない。さらにAからB1へ移動するためには、Aからの距離がAB1間の距離の半分の地点B2に到達しなければならない。以下、このような事が無限に続くため地点Aから地点B0へ移動しようとしても移動を開始することすら不可能である。」・・・・・・・・・・・・なんだか長くなってしまいましたね。 

簡単に説明すると「物体が目的地にたどりつくためには、常に現在地から目的地までの中間地点を通らなければならないが、現在地から中間地点までにはさらに中間地点が存在する。さらにその間には・・・・・・・・・・と中間地点を無限に通らなければならないため、永遠に目的地には辿り着けない」とゆうことです。 しかし、現に私たちは目的地には辿り着いているわけです。(でなければ学校へは永遠に遅刻ですw) つまり数学でゆう「反例」が成り立つわけです。 

このパラドックスに対する反論はいろいろあると思いますが、私の構想のなかで固まっている反論をひとつ紹介します。 
私の考えはこのパラドックスと「距離」ではなく「時間」で考えます。 

例えば「A地点からB地点まで自転車で走るのにのに1時間かかる」とします。 パラドックスに習い、中間地点Cを通るとすると中間地点までは距離が半分なので時間も半分であると仮定し30分かかる事になります。さらにAC間の中間地点Dに行くには15分 AD間の中間地点Eに行くには7.5分かかることになります。 つまり、どれほど中間地点を通ろうとAB間の距離を走る時間の総数は1時間となります。」よって、ゼノンのパラドックスでゆう「目的地へは辿り着けない」とゆうのは虚となります。  

どうでしょうか 私のなりの反論は。  個人的には結構納得いってる論ですが、間違ったこと 矛盾していることがあったら指摘をお願いします。 ではさいなら~w 

Wikipedia URL (http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9)
[PR]
by hunakosi | 2006-06-05 19:52 | 未分類

最近疑問に思ったこと

最近よく「自己中心的」とゆう言葉を耳にする。 自分勝手で周りと行動を合わせない人のことをこうゆうのだろう。  

しかし、この「自己中心的」とゆうのは非常にあいまいな言葉であると思う。 

たとえば、あるところに A B C の三人がいたとする。 3人でスポーツをしようと言った時に、AとBはバスケットが Cはサッカーがしたいといった。  AとBがどんなに説得しようとも Cはサッカーがしたいといった。 ついにはAとBはCに対して「自己中心的だぞ」といった。 

さて、ここが問題である。 確かにAとBから見ればCは「自己中心的」である。 
しかし、Cの視点からみれば、自分に合わせてくれないAとBは「自己中心的」の集まりである。 
今回はたまたまAとBの意見が一致しただけで、一致しなければ AはBを BはAを「自己中心的」といったであろう。 

このように、 「自己中心的」とゆうのはあくまで1人の視点からみた場の状況である。  

この場合は 3人で多数決を取った場合にバスケットに2人ってしまったので、民主的にみればバスケットをするのが普通である。  

しかし、「多数決」とゆうのは非常に恐ろしいものである。 「人数が多いほうがみんなのためになる」とゆうのが一般的な考えだが、少しいいかたを変えれば「どんな手を使っても人数を集めた人間の勝ち」といってるものである。 世にゆう賄賂がはびこるのはこのためである。 
また、どんなに「みんなのため」とはいっても必ず犠牲者は生まれる。 

この世から犠牲者をなくすことは限りなく無理であろう。 しかし、犠牲者がいる限り人はあらそいまた人を殺すのである。
[PR]
by hunakosi | 2006-06-04 05:15 | 未分類

最近の学校の状況

先日の記事にコメントしていただいた某氏の意見におこたえして最近の中越の状況をおしえます。 

まあ、特にこれといった事はありませんよ 8日に体育祭があるぐらいでね。中学校の時と比べると競技時間が激減しかしたしね(競技時間:待ち時間)=(1:9)ぐらいですからね~ 
┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~  休むか(笑) だって内申関係ないじゃ~ん 友達いればまだやる気は出ますがいませんからね。 たまに話す人はいますがたいして中が良いわけでもないってゆうかよくわからない状況で。 平日ならば授業が遅れる可能性がありますから休みたいとはあまり思いませんが、授業外のことに全力をだすってのもね~ なんか私は普通の人とは頭は逆らしい  とゆうか逆境に立たされて妙に勉強心が沸いてきたとゆうかなんとゆうかでね。 

個人的には文化祭にも出る気がしない     

修学旅行にも行く気がしない(中越は沖縄なので1回いってるためかったるい) 
たとえいったとしても戦争について話せる人がいなくて・・・・・・ゆいつ、国際通りで中学の頃買えなかったものを買いたいと思うだけですよ。 工業は北海道だそうでね~ うらやましいですよ。 
担任の先生は「高校の友達は一生の友達にもなる可能性がある」といってますがね~ 作らない私には関係ないですよ。 特進にいったらべつですがね。 
前の記事にも書きましたが今回の社会科のテストは98点でした 皆さんはこの結果はどうだと思いますか?  私は納得いってないんですよ イスラエルとイェルサレムとを書き間違えたため100点で無かったのですから。 しかし、落ち込んでる私とは逆に周囲の人は「天才だ」と言ってくる。  努力の結晶を「天才」と言われる悲しさ  天才とは何もしなくても出来ることをゆうのですよ。 だからといって私は秀才ではありません  高校では当たり前の 予習・復習 をしていただけですから特別なことはなにもしてないんですよ(だから勉強しなかった国語とかは71とかなんですよ)  附属では常に自分以上のひとがゾロゾロといて またテストの質も高く80点取れば喜んでました。 環境の違いとは恐ろしいとおもいましたよ。 人間は常に張り合いがあってこそやる気がでる 悔しいとおもえるのです。 しかし今回の世界史のテスト 最高の私が98 その次は83点・・・・・ 附属にでは常に自分よりも20点上のひと わずか1点で勝ってた人がいました。    だからこそ私は特進へ早くいきたいのです。 特進は土曜日午前授業 毎朝朝テスト 夏休みは勉強合宿 など大変なことがてんこもりですが張り合いがあります。 自分の目標がもてます。「今回はあいつに負けたけど次こそは勝ってやる」と思うことができます。 

私は普段は点数が悪くても笑っていた人間でしたが 結構くやしがってましたよ。(英語は別) 
附属のテストは常にこちらの努力と跳ね返してきましたからね 負けつずけでしたけど・・・・ 

「赤点じゃなくて良かった」 とゆうのが普通化の言い回しです。 特進では「80点以下じゃなくてよかった」が言い回しです。  

悪いことを言いますが附属にも頭の悪い人はいました。でも、かならず私の知らないすごい何かを知ってました 銃のこと 戦闘機のこと パソコンのこと 魚のこと 音楽のこと 本のこと 
(ある人は大人の世界のこと)       私のはそれが楽しかったですよ。 常に新しい知識がはいってきましたからね。  出来るならばあの頃に戻りたい  たまにそう思いますね とくに友達とよく口ずさんが曲を聴くと・・・・・・・・・・・
 
学校の状況ではなくてなんか私の愚痴みたいになってしましましたねw  m(..)m スンマセン
また暇があったら友達と集まって遊びたいですね。  それじゃ今日はここまで~



  
[PR]
by hunakosi | 2006-06-02 22:39 | 日記

祝!! 観覧者1000人 突破 & 最近のメイポ

メイプルストーリーの状況を話す前に 

祝!!観覧者1000人突破  

ですよ。(^.^)>(^.^)>\(^_^)/ヤッター!!皆さん本当にありがとうございますw 
いま思えば去年の9月に友達に進められ遊び半分でつくったブログも早9ヶ月がたちました。 
文章を書く能力が低く皆さまに迷惑をかけたこともありましたが、ここまでこれて何よりです。 
これからもがんばりますのでよろしくお願いします。  

でメイポの状況はというと  
最近はメイポのほうもinが少なくなっちゃいましたよ。まあ、しょうがないですね(とゆうか、PCにSTOPエラーなるものがでて、メイポ初めて30分もするとパソコンがフリーズしてやる気がでないorz・・・・ 今度業者の方に来てもらおうかと思ってます 原因はビデオデバイスドライバなんですけど、治し方がわからない。) 

でも、調子が良いと1時間はできるので一応週2ぐらいでinしてます。 最近狩場模索中で、ルディ方面に来ました。 ブロック狩りには飽きたのでクエスト消化もかねて宇宙人でもと思って狩ってみると・・・・・・・・・・・・( ̄ー ̄+これいいわw ちょうどウルトラグレイ1発確殺だし、元老狩りは飽きないし、経験地効率もいいし 沸きもすばらしい。 当分はここで狩ろうと思います。 

まあ、狩りのSSは 
e0077304_23164269.jpg
 
e0077304_2317589.jpg
 
e0077304_23174141.jpg

e0077304_23175163.jpg

e0077304_23175772.jpg

e0077304_2318561.jpg

e0077304_23181174.jpg


こんな感じでです。 およその様子をはあくしていただければ幸いです。(手抜きですいません)

きょうはこんな感じでof またこんとね~w
[PR]
by hunakosi | 2006-06-01 23:19 | メイプルストーリー関係



2006アニメソングBEST30 開催中です!! ぜひ投票してみてください。
by hunakosi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
リンク
以前の記事
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
ontario airp..
from ontario airport
private school
from private school
nokia polyph..
from nokia polyphon..
holiday barg..
from holiday bargains
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism